お香典返しに日本茶を

【日本茶は香典返し、法事、法要の引き出物に相応しいお品の一つとされています。

「長く保存できるから」とか「軽くて持ち帰り易いから」という理由もありますが、それだけではないようです。

諸説ありますが、日本茶が香典返しや法事、法要の引き出物に使われるのには以下のような理由があると言われています。

故人とお別れする

お茶には、”境界を区切る”といった意味があります。
その昔、お茶の木を土地の境界線に植えて目印にしたり、また「お茶に誘う」、「お茶飲み友達」という言葉のように、お茶を一緒に飲むことで「知らない人から親しい間柄になる」といったように、「ある一線」を超えることを表す言葉もあります。
通夜や葬式、法要のあとにお茶を飲むことで、この世にいる参列者と、あの世に旅立った故人との間に境界線を設け、故人とお別れするという意味があります。

故人を偲ぶ

お茶をいただきながら、故人について思いをめぐらせ、語り合って過ごそうという意味でお茶を贈ります。

寂しくないように

香典返しの贈り物は、形が残る品を贈ると、それを見るたびに故人を思い出してしまうことへの配慮から、お茶のような消耗品などの後に残らない「消えもの」がよいとされています。

仏式

・初七日
・五七日(三十五日)
・七七日(四十九日・忌明け・満中陰)の 香典返し

・百ヶ日   ・一周忌(初命日)
・初盆(新盆) ・三回忌
・祥月命日  ・七回忌  ・ 十三回忌

など年忌の法要・法事・仏事に頂く御香典の志・忌明志・満中陰志・粗供養としてのギフトや引き出物。

神式(神道)

・翌日祭  ・三十日祭  ・百日祭  ・三年祭  ・五十年祭

・十日祭  ・四十日祭  ・一年祭  ・五年祭

・翌日祭  ・五十日祭  ・二年祭  ・十年祭

など霊祭に頂く玉串料・御霊前の志・偲草としてお返しなどのギフト。

お香典返しの時期

仏式

香典返しは四十九日(七七日忌)の忌明け(満中陰)の法要が無事終了した後、忌明けのご挨拶とお礼をかねて行います。
おおよそ「忌明け当日から1ヶ月以内」に香典返しを行うのが一般的です。

神式(神道)

神式では三十日祭または五十日祭の後、挨拶状とともにお香典返しを行うのが一般的です。

その他

・初七日忌志  ・忌明志    ・一周忌志  ・茶の子   ・寿塔内祝  ・開眼御祝

・五七日忌志  ・七七日忌明志 ・初盆供養  ・灯籠下ろし ・墓碑建立内祝

・七七日忌志  ・百ヵ日志   ・新盆供養  ・粗品    ・開扉内祝

など、様々な節目にご利用ください。

リンク

Youtube 山徳チャンネル
Top