山徳では、お茶の美味しさの秘訣は、生葉の品質で決まると考えています。
一世紀以上に渡り受け継がれてきた栽培技術に新しい技術をとりいれ、安心・新鮮・美味しいお茶作りに努力しています。
中でも、いかにして美味しい成分を多く含んだ健全な生葉を作るかが我々の課題です。
その為には、茶樹も人間の内臓と同じように地下部(根のある所)を健全に保つ事が重要です。
山徳は、安心な乳酸菌などを使い良質な有機物を発酵させ茶園に散布後、土壌中に有効微生物の繁殖を促し茶樹が健全に生育できる土壌環境を作るため日夜がんばっています。
改良された土の中では健全な養分吸収根が肥料を待っているのです。



みずみずしい根を傷めないように熟練した経験を生かし、有機肥料で茶樹と土壌中の微生物に優しい茶園を作っています。
「お茶は、香り・甘み・コクの三要素が揃って本当の味」と言います。
三要素を出すため鉱物からとったミネラル、ミネラルを多く含んだ海藻、海藻エキスなど秘伝の肥料を使い新芽に三要素の養分が蓄積されるよう努力しています。
乳酸菌を使った有機肥料に、コクのあるうまみをひき出すミネラルを与え環境にも茶樹にも優しいお茶を作っています。
山徳では、指定契約農園から集荷されたお茶の酸化を防ぎ、鮮度を保つため直ちに真空パックします。
品質と鮮度を保つため山徳の倉庫で低温保存し、永年の経験により独自の火入れなどの仕上加工が行われ精製された美味しいお茶となります。
出荷の際さらに真空包装し、専門店のこだわりの逸品として発送致します。

また、山徳では幼木を育てていくのに、茶種の選定からこだわり、
5年後、10年後を見据えて、生産者と取り組んでいます。

リンク

Youtube 山徳チャンネル
Top